オフィスに必要な機能を備えたレンタルオフィスとは

オフィスに必要な機能としては、まず社員が社内で仕事を行うためのスペースを確保するということがあります。社員同士が集まって、コミュニケーションを取りながら仕事を進めることは、多くの会社にとって不可欠でしょう。たとえ一人でやっている会社であっても、自宅とは離れたところにオフィスを構えることによってプライベートと離れた空間で仕事ができますし、対外的な連絡先としてオフィスの住所や電話を伝えることができるのはメリットになります。必要があれば取引先や顧客を招いて商談をすることもあるでしょう。オフィスを持たずに仕事をすることも無理ではありませんが、会社としての登記をするには住所などを定める必要もあります。とはいえ、オフィスを借りるには初期費用として敷金や礼金、保険料などかなりのお金がかかりますし、机やイスを置き、電話回線を引いて、ネット環境を整えてなど、設備も揃えなければなりません。

会社を立ち上げるタイミングでそれだけの出費は辛いですし、しっかりしたオフィスを構えるのは事業が軌道に乗ってからという人も多いでしょう。そこで人気を集めているのが、レンタルオフィスです。レンタルオフィスとは、その名の通り間貸ししてくれるオフィスのこと。

敷金や礼金が必要ないうえ、机やイス、ネット環境などのセッティングができている状態で貸してくれるので、自分でオフィスを構えるよりも、初期費用は断然安く済みます。

立ち上げ費用を確保しづらいベンチャー企業にとっても便利なシステムだといえるでしょう。もちろん起業のタイミングで借りるだけでなく、プロジェクトの関係で数カ月だけその場所に拠点を設けたい場合などにも使うことができます。オフィスとしての機能が整った状態でレンタルできるので、短い準備期間でオフィスを持つことができるので、急ぎの場合にも役に立ちます。

レンタルオフィスにもいろいろなタイプがあり、フロアを個室に仕切っていて、完全に孤立した状態の小さな部屋を借りる個室タイプもあれば、オープンなスペースで机だけを借りるものなどさまざまです。中には、バーチャルオフィスなど、机すら置くことなく、電話番号や住所のみをレンタルするものもあります。電話応対サービスなどを使えば、スペースがなくても会社としての応対は可能ですし、ある程度の事業を行うことはできます。バーチャルオフィスのみで会社運営をするのは難しい点もありますが、必要に応じてレンタルオフィスを使い分けるようにすると便利です。